写真とテキストのサイト『SaL』の別冊版です。


by y_nkzw

浜町アーケード

f0007631_1144181.jpg

室蘭市の中央町に古くからある浜町アーケードが老朽化のため2008年度に撤去される。

以前室蘭に数年間住んでいたので、「撤去」となると何とも寂しい気持ちが染み渡る。かつて繁栄を極めた街は、夢の後のように濁った空気だけを残していた。軒並みシャッターがしめられ、時折通る老人と猫が、寂れたアーケード街にある時代の句読点を打っていた。それは句点なのか読点なのか。

住んでたとき、居酒屋で知らないオヤジから、「昔は夜になると今のススキノなんか比じゃないぐらい混んでたあんだあ。」という話を聞いた。そんな時代があったのか、と興味深く聞いていたのだが、最後まで「これからのこの町」についての話は出てこなかった。

懐かしい、だけでは前に進めないのだ。
[PR]
# by y_nkzw | 2007-01-28 12:09 | しゃしん

何年か前に

f0007631_17352566.jpg

何年か前に撮ったまま現像していないフィルムを見つけた。

何が写っているかわからない。
意を決して現像に出す。フィルム自体、もう無くなってしまったアグファ社のものだ。

現像された写真には、そういえば撮ったなあ、という街のスナップ写真が写っていたのだが、その中の一枚に今では取り壊されてしまった建物が写っていた。現在はパチンコ屋の駐車場になっている。

この建物は、パチンコ屋の駐車場との時間軸の線上で、わずか1ミリにも満たない僕が撮った写真のフィルムの中に、今もこうして変わらない。

変わらないものを無理して変える必要もない。
[PR]
# by y_nkzw | 2007-01-13 17:50 | しゃしん

年賀状

f0007631_15425288.jpg

一ヶ月も書いてないべや。
---
イノシシの写真を撮ったことがない。
なので、今年の年賀状はテキストとイラストでごまかした。

昨年の年賀状には犬の写真を使えた。犬は思わず撮ってしまうから。
f0007631_15492258.jpg

申年はイラストを描いた。
f0007631_15534981.jpg


一度全部写真でやりたい、と思ったが、なかなかそうも行かない。そもそも、辰年はどうする。
来年は子年だ。昨年、児童公園で久しぶりにネズミを見たが、写真を撮っておけば良かった。
毎年、こんな事を考えているが、どうせ年賀状を書くのは12/30ぐらいで、締め切りが迫らないと構想を練ることもない。

なんだ、仕事と同じだ。それじゃあ、しょうがない。
[PR]
# by y_nkzw | 2007-01-01 16:25 | しゃしん

水の中

f0007631_137523.jpg

水の中なのか、空なのか。
進んでいるのか、止まっているのか。
何を思うか、思いはないのか。

その冷たい「青」の中で、陰だけがそれを知っている。

光の道を行く、つるりとした背中の君がぐるっと廻った。
[PR]
# by y_nkzw | 2006-11-21 01:46 | しゃしん

f0007631_742458.jpg

子供の頃、木工用ボンドを手の甲に塗って、乾いてから丁寧にはがし、「皮が剥けた!」と騒ぐのが流行った。

だんだんエスカレートし、大きさを競い合ようようになるわけだが、皮膚の模様も形どられたりするし、大きくなればなるほど手の形に近づいてきて気持ち悪かった覚えがある。

秋になり、落ちている楓の葉を見ると思い出す幼い頃の微塵の想い出。

「無駄なことが大切なのだ」とは言われるものの、やはり「無駄なこと」だったと30才を過ぎた今、ようやく確信をもてる。今でも、指先にボンドが着くと、無意識にきれいに剥がしてしまう少年の心を持った僕です、と書いても全然きれいにまとまるわけがない。
[PR]
# by y_nkzw | 2006-11-04 08:09 | しゃしん