写真とテキストのサイト『SaL』の別冊版です。


by y_nkzw

カテゴリ:しゃしん( 75 )

f0007631_17545979.jpg

今年の年賀状で使った写真はこれ。
近所の図書館の外でたるそうに主人を待つ犬。
ほんとにやる気なさそうで、近づいて写真とっても目しか動かさない。

いきなり年の初めからやる気ない写真で申し訳ないです。でもかわいいので許してくださいな。

−−−
改めてドラえもんの新しい声にショックを受けた年末を乗り越え、新たなる年に前向きに進んでいこうと心新たにした元旦です。
−−−
サルコラム更新。
[PR]
by y_nkzw | 2006-01-01 18:01 | しゃしん

ひかりよとまれ!

f0007631_22451986.jpg

光を止めたい。

その光を右手にもつハサミで切り取ってしまいたい。
その光をポケットに入れておくのだ。
その光はいつまでもヒカリを超えることはないから。

光を止めたい。

空に広がる拡散の光は、遠く。
内に刺さる収束の光は、そこへ。

ポケットは光を溜めるよどみ。

よどみのなかでまどろむ、まどろみのひかり。

f0007631_22421383.jpg


---
ちょっと本の読み過ぎで勘違いしてます・・・。
[PR]
by y_nkzw | 2005-12-14 22:56 | しゃしん

プリントアウト

f0007631_23464292.jpg


久しぶりにデジタルの写真をプリントアウトした。(上の写真ではないです。)

ずいぶんとデジタルカメラでとった写真はプリントアウトしていないなあ、と思う。
いずれ店でプリントしてもらおうと思い続けて、かなりの量になってしまった。お金のことを考えるともはや気軽にプリントアウトできない。

銀塩の写真はデジタルに落としてるので共通のフォーマットととして全部管理してはいるけど、ここ2年ぐらい「紙」というフォーマットにはあまりしていない。ちょっとこわいな。バックアップとってないし。

みんな携帯電話で撮っちゃったりしてるけど、ほとんどプリントしてないんだろうし、このままいくと何十年後に初めて気づくんだろうな、写真が残ってない空白の期間があることに。

べつに昔の写真を見返すことなんてないけど、坂本龍馬の写真が残ってることにびっくりし、当時の本人そのままの姿を見たときの感動がちょっとだけ背中をたたく。
[PR]
by y_nkzw | 2005-12-07 00:23 | しゃしん

事実と装飾

f0007631_0572586.jpg


青い空を転写する窓は、鏡となるために内側を黒くする。
映し出す事実は、見せることの出来ない闇によって明度を上げ現像される。
時に、その事実は別の窓によって切り刻まれ装飾される。
装飾された光はすでにその体の一部を欠落させた。

そう、村上春樹が「良いニュースは多くの場合、小さな声で語られる」と言っていたっけ。
そして、悪いニュースは大きな声で語られ、事実さえ曲げられる。

---
最近のニュースを見て思うこと。
テレビも新聞もけっこう話をおもしろくするのに平気でウソをつくものなんだなあ、ということ。
ほんと、びっくりした。
ニュースは事実ではなく憶測を伝えている、ということを覚えておこう。
[PR]
by y_nkzw | 2005-12-01 01:26 | しゃしん

あわないので火を見る。

手書きの図面をトレースしてますが、平面図と立面図とカナバカリと軸組図と建具表がまったく合いません。偽造どころの話ではありません。(そんなに大げさなはなしではありません、もちろん。)

悲しくなってきたので昔撮った写真をみておりました。見てるだけで暖かくなってきたので、アップしてみます。

やはり火を見ると人は興奮するようで、スゴイ数の火の写真をこのとき撮っています。(放火してカメラマンに写真を撮らせました。・・・うそです、キャンプファイヤーです。牧場です。)


焼き芋が食べたくなってきましたので、さっさと仕事にもどります。

f0007631_16235548.jpg
[PR]
by y_nkzw | 2005-11-26 16:34 | しゃしん