写真とテキストのサイト『SaL』の別冊版です。


by y_nkzw

ABCD・・・

f0007631_0455453.jpg

番号を振る方法には様々な種類がある。

1.2.3、ABC、アイウ、甲乙丙、いろは。多種多様だ。
ようは、順序があるものであればなんでもよい。タ・モ・リ、だってよいのだ。

ただ、順序に支配されてはいけない。序列はなんの意味を持たないからだ。それぞれが等価な固有の点にすぎないから。

つまり、こんな駐車場は、わかりにくいんだ、ということだ。どこがどこだか、一見わかりやすいようでわからない。
でも、こんな駐車場が固有のおもしろさをもっていたりする。こんなのねえよ、ふつうさ。

同じものが並んでるのに同じではない。でもその差異は記号で置き換えられた標識にすぎないのかもしれない。まるで、トランプのようだ。数字やマークといった記号で識別され、裏を返せばみんな同じ柄。でも、ゲームをしてると、その一枚一枚が全く別の異なる意味を持つ。

トランプと駐車場。どちらも箱から出して箱にしまう。箱は序列を包み込む。いいじゃないかと。


包み込めるようになりたいな、と思いました。マギー司郎ぐらいには。
[PR]
by y_nkzw | 2006-03-28 01:31 | しゃしん